Now Loading...

Now Loading...

藤沢ゆい動物病院 藤沢ゆい動物病院

予防医療について

現代は予防医学の発達により、多くの病気を未然に防ぐことができるようになりました。
ワンちゃん、ネコちゃんとの健やかな生活のために、病気の予防はとても大切です。
当院では、ご家族のニーズや生活スタイルに合わせた予防方法をご提案させて頂きます。他にも予防のことで何かご不明な点などございましたら、お気軽にご相談ください。

犬の写真 犬の写真

ワクチン

ワクチンは毒性を弱くしたり、毒性を無くしたりした病原体(ウイルスや細菌)から作られます。
これを接種することで、体の中にその病原体に対する免疫ができ、感染症にかかりにくくしたり、症状を軽度ですませたりすることができるようになります。
特に子犬・子猫の時は感染すると重症化するため、ワクチン接種が大切になります。
詳しい接種時期、回数や投与間隔については、お問い合わせください。
ワクチン接種後に体調の変化がみられることもあるため、接種後の経過がみやすい午前中の接種をお勧めしています。

どんな病気を予防するのか?(ワクチンの種類)

    犬用ワクチン

  • ジステンパー
  • 犬コロナウィルス感染症
  • レプトスピラ症
  • パルボウィルス感染症
  • 犬パラインフルエンザ
  • 犬伝染性肝炎
  • 犬アデノウィルス2型感染症
  • 狂犬病(年に一回の接種が義務付けられています)

    猫用ワクチン

  • 猫汎白血球減少症
  • 猫ウィルス性鼻気管炎
  • 猫カリシウィルス感染症
  • 猫白血球ウィルス

フィラリア予防

フィラリア症は別名「犬糸状虫症」とも言われ、蚊が血を吸うことで感染する寄生虫です。
最初は無症状ですが、最終的に心臓内に細長いそうめんのような寄生虫が住みつきます。
感染すると命に関わるとても恐ろしい病気です。
近年では猫への感染報告も増えてきておりますので、注意が必要です。
蚊がいる時期に合わせて投薬することで、フィラリア症は予防できます。
当院では5月から12月までの期間、月に一回の投与を勧めております。
錠剤、チュアブル(おやつ)、スポット剤(背中に垂らす)などがありますので、その子に合わせた投薬ができます。

ノミ・ダニ予防

動物の皮膚に寄生して吸血することで、痒みを引き起こしたり、病気をうつすことのある虫の代表が『ノミ・ダニ』です。
暖かくなると、公園や草むらなど、いつものお散歩コースが感染場所になってしまうことがあります。
ノミ・ダニ予防薬で、これらの虫の駆除と1ヶ月間の感染を防御することができます。
薬のタイプは主に背中に垂らすスポットタイプですが、ベトつかない内服のタイプもあります。

デンタルケア

現在3歳以上のワンちゃん・ネコちゃんの80%が歯周病といわれています。
特に小型のワンちゃんは歯垢(口腔内の食べ残しなどに細菌が繁殖して歯の表面に付着したもの)がたまりやすく、歯周病にもなりやすいので注意が必要です。
健康な歯や歯肉を維持するためにもデンタルケアはとても大切です。
当院ではその子にあったデンタルケアをご家族と一緒に考え、提案していけたらと思っております。お気軽にご相談下さい。
その他の病気に関しましても、予防ついて気になることがありましたら何でもお気軽にご相談ください。

▲ページ上部へ戻る

ページTOPへ