Now Loading...

Now Loading...

藤沢ゆい動物病院 藤沢ゆい動物病院

病気の紹介

急性膵炎(犬)

症状

突然の食欲不振・嘔吐が起こります。
(泥状下痢便や血便を伴うこともあります。)
腹痛のため体を丸める姿勢(祈りのポーズ)を取ることがあります。
重症の場合だと黄疸、消化管出血、発熱なども見られ、多臓器不全に陥り死に至ることもあります。

病気の仕組み

急性膵炎とは、膵臓内の消化液が突然、自分(膵臓)自身を消化し、強い炎症が起こる状態です。
炎症が、膵臓にとどまらず周囲の組織にから全身に及んでしまうと、腎不全や多臓器不全、全身性炎症性反応症候群(SIRS)や播種性血管内凝固(DIC)などの重大な合併症が引き起こされてしまい、死亡率が上昇する怖い病気です。

犬の膵炎の危険因子

  • 高脂肪食・無分別な食事
  • 肥満・高脂血症
  • 内分泌疾患(副腎皮質機能亢進症・糖尿病・甲状腺機能低下症)
  • 炎症性腸疾患(IBD)
  • 高カルシウム血症
  • 品種(ミニチュアシュナウザーや、ヨークシャーテリアなど)
  • 外科手術や、ある種の薬物投与など

診断について

  • 急性の症状(食欲不振・嘔吐やお腹の痛み)
  • 血液検査(リパーゼ(または膵特異的リパーゼ) )の測定
  • 腹部の超音波検査

これらを総合的に判断して診断します。

治療について

急性膵炎では重症化を防ぐために早期の治療を開始することがとても大切です。
重症の子では入院治療も必要です。
急性膵炎には特効薬がなく、本人の状態を良くする支持療法が基本になります。

最初の治療としては、

  • 点滴によって脱水を改善し、血液の循環量を増やしてあげます。
  • 吐き気止めを使って、嘔吐を止めてあげます。
  • 鎮痛剤を使って、お腹の痛みをとってあげます。
  • 吐き気や腹痛が治まってきたら水分や流動食状の低脂肪食を与え、徐々に増やしていきます。
    (重症の子には、より強い痛み止めや、血栓が出来にくくする治療を行うこともあります。)

突然の食欲不振や嘔吐、腹痛が見られた場合は、急性膵炎の可能性もあるので、様子を見ずに、まずはご相談ください。

関連記事

最近の投稿

カテゴリー

ページTOPへ