Now Loading...

Now Loading...

藤沢ゆい動物病院
藤沢ゆい動物病院 藤沢ゆい動物病院

病気の紹介

  1. 急性膵炎(犬)

    症状突然の食欲不振・嘔吐が起こります。(泥状下痢便や血便を伴うこともあります。)腹痛のため体を丸める姿勢(祈りのポーズ)を取ることがあります。重症の場合だと黄疸、消化管出血、発熱なども見られ、多臓器不全に陥り死に至ることもあります。

  2. てんかん発作

    急に全身がけいれんし始めて止まらない、または止まっては再発を繰り返す、といった症状はとても危険です。けいれんが持続することで脳がダメージを受け、更に発作が起きやすくなってしまうこともあります。また、大きな発作が続いた場合、状態が急変したり、後遺症が残ってしまう場合もあります。

  3. 心臓病

    近年、動物社会も高齢化が進んでいます。人間と同じようにがん(腫瘍)や心臓病といった深刻な病気が増えており、その中で心臓病はがんに次いで犬の死因の第2位と言われています。

  4. がん(腫瘍)

    近年、動物医療の進歩により高齢化が進み、ワンちゃんの約半数、猫ちゃんの約3分の1が、がん(腫瘍)が原因で亡くなってしまうようになりました。人と同様、ワンちゃん・ネコちゃんのがん(腫瘍)は「早期発見・早期治療」がとても大切になります。

最近の投稿

月別アーカイブ

カテゴリー

ページTOPへ